八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

コラボで歌う 白保の嶺さん、与那国の米蔵さん

「浪花恋しぐれ」をデュエットする米蔵一正さん(左)と嶺陽子さん=24日夜、那覇市

「浪花恋しぐれ」をデュエットする米蔵一正さん(左)と嶺陽子さん=24日夜、那覇市

多彩な楽曲に観衆うっとり

 【那覇】歌手の嶺陽子さんと米蔵一正さんの「夢ありがとうジョイントコンサート」(主催・大平興産&大平プロモーション)が24日夜、那覇市のパレット市民劇場で行われ、観衆は2人が織り成す多彩な歌謡曲に酔いしれた。

 嶺さんは石垣市白保、米蔵さんは与那国島の出身。コンサートは、同プロモーションを経営する郷友の平地正俊さんと大山髙行さんが「歌謡界で活躍する2人の歌を広めたい」との思いから初めて企画した。

 嶺さんは、石垣市政50周年ふるさとメッセージソングの「ニィファイユー(ありがとう)」をはじめ、2013年5月にリリースした新曲「あした あした またあした」など11曲を披露。伸びやかな歌声と軽快なトークで観客を魅了した。

 米蔵さんは、12年に60歳で全国プロデビュー。与那国島の海を思い歌った「久部良大漁音頭」が全国の港町でヒットするなど注目を集めている。コンサートでは同楽曲のほかにも「舞の道」など10曲を熱唱。会場から盛大な拍手を受けていた。

  • タグ: 嶺陽子米蔵一正
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム