八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全国漁港漁場協会主催の第13回海・川の名人

 全国漁港漁場協会主催の第13回海・川の名人選考で、伊原間の平良正一さんが選ばれた。漁業歴約70年で、今年の名人は全国で19人という▼漁業従事者の中には、優れた能力を持つ人がいる。長年の経験で天気を正確に当てたり、マングローブに止まるサギを見て、大漁かどうかを予測する。気圧の関係と言うが、かなりの的中率だ▼むかし、白保で「タコ採り名人」の漁に同行したことがある。船の上から3㍍ほどの長いモリでタコを突き、器用に引き上げる。ものすごい熟練の技だった。テレビで見るウニやザザエのように動かぬものでない▼感心したのはタコを採った後の作業だ。すみかの穴を周辺にある石を寄せてふさぐ。理由を聞けば、「穴をそのままにすると、タコはもう住み着かない」らしい▼名人は「次のタコを住み着かせるため、穴をふさぐ。そうすれば長年の漁場になる。タコを探して難儀しなくていい」と笑った。一見単純な作業だが、ものすごい知恵である。名人と呼ばれるわけが分かった▼漁業は、私たちの暮らしに欠かせない。それもさまざまな名人がいて、工夫に工夫を重ねているから魚介類を提供できる。しかし後継者がなかなか育たないのも現状だ。ぜひ漁協ほかの関係機関は、数多く名人を認定し、漁業者に自信と誇りを持たせるように取り組んでほしい。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム