八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

人気作品に大勢の市民

多くの市民らでにぎわっている第3回石垣島シネマフェスティバル=22日午前、市民会館展示ホール前

多くの市民らでにぎわっている第3回石垣島シネマフェスティバル=22日午前、市民会館展示ホール前

石垣島シネマフェス開幕

 第3回石垣島シネマフェスティバル(石垣市主催)が22日午前、2日間の日程で開幕した。初日は10作品を上映し、多くの市民が市民会館で映画館さながらの雰囲気を楽しんだ。映画館がない離島で映画を鑑賞する機会を提供しようと、2012年から一括交付金を活用して開催。今回は2日間で15作品を合わせて24回、無料で上映。23日は午前10時から11作品を合わせて12回を上映する。

 大ホールでは最新の5・1chデジタルサラウンドの上映システムを使った全国ロードショー作品、中ホールでは八重山や沖縄に関連する作品、展示ホールでは3Dシステムでの作品をそれぞれ上映。

 3D作品は鑑賞用の3Dメガネの数が限られていることから、定員50人。上映開始1時間前に受け付けを始め、同30分前抽選で鑑賞者を決めた。

 母親と訪れた渡邊凛華さん(石垣小4年)は「去年も楽しかったので、今年も見に来た。迫力があってすごい。もっといろんな映画をいっぱい上映してほしい」と笑顔。抽選に外れた男性は「最終日(23日)にもう一度、チャレンジしたい」と話した。

 最終日の23日は午前10時から、今年9月に公開され、まだDVD化されていないアクション映画「イン・ザ・ヒーロー」、昨年も人気だった「貞子3D2」など11作品を上映する。

 ピロティでは飲食の出店や特設ステージでのライブパフォーマンスも行われている。

地図
  • タグ: シネマフェスティバル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム