八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「八重山への留学」盛り込む

やいまぴとぅ人材ネットワーク構築基本構想案について審議する委員ら=21日午後、石垣市役所内

やいまぴとぅ人材ネットワーク構築基本構想案について審議する委員ら=21日午後、石垣市役所内

やいまぴとぅ人材ネット構想案

 八重山広域市町村圏事務組合(理事長・中山義隆石垣市長)のやいまぴとぅ人材ネットワーク構築基本構想第2回審議会(三木健会長、委員12人)が21日、市役所で開かれ、構想案の審議を終えた。案には情報発信・イベント・人材育成の各事業が盛り込まれている。広域組合は、この日の意見を踏まえて年内に案をまとめ、中山市長に報告する。

 情報発信事業では八重山SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の設置・運営、イベント事業ではやいまぴとぅ大会の継続・強化、人材育成事業では八重山出身子弟の八重山留学などがある。

 広域組合は2015年度を準備期間とし、16年度以降、事業の具体化を目指す。構想案は、実施の財源として一括交付金が不可欠としている。

 委員からは「各郷友会の会長と市長や町長と年1回、交流会や話し合いを持てば会長の意識が変わる。ふるさとへの意識も変わる。会長の意識が変わらないと実行に結びつかない」などの要望もあった。

 三木会長は「来年度は東京、大阪、本島などの各郷友会に構想を説明し、周知徹底を図るべきだ」と提案、委員も賛同した。

  • タグ: やいまぴとぅ人材ネット
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム