八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

飲料水の販売増加 市内水専門店

夜間断水が始まるのを前に注文が伸びている水専門店=19日午前、おみずやさん新川店

夜間断水が始まるのを前に注文が伸びている水専門店=19日午前、おみずやさん新川店

夜間断水で注文殺到

 20日から石垣市内で夜間断水が始まるのを前に、飲料水の販売需要が伸びている。市内の専門店では夜間断水が決まって以来、家庭やホテル、居酒屋を中心に注文が殺到しているという。

 市内新川の水専門店「おみずやさん」(原真一郎店長)では「夜間断水が決まり、新規注文が3割増えた。(断水が)長引けば今後も増えそうだ」と話す。

 同店によると13日の夜間断水の報道以降、客足が伸び、水道水をろ過・浄水するディスペンサーや20㍑と10㍑のウォーターボトルの契約・販売が増加。受注先の飲食店やホテルでは調理用水を確保するためというケースが大半だという。

 水を買いにきた50代の男性は「夜間断水するので水を購入して節水に協力しようと思った。雨が降らないと厳しい状態が続く」と不安な表情。別の男性(49)は「自宅に貯水タンクがあるので大丈夫だと思うが、万が一のために買いに来た」と語る。

 同店は貯水タンクを2基設置し、販売用水を確保しており、原店長は「断水は生活に痛手。水屋として市民の皆さんに協力したい」と話している。

  • タグ: 夜間断水
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム