八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「死活問題」と悲鳴 夜間断水に居酒屋など

夜間断水で居酒屋など飲食店への影響が懸念されている=18日夕、美崎町

夜間断水で居酒屋など飲食店への影響が懸念されている=18日夕、美崎町

営業時間の短縮も検討
経済活動に影響か

 少雨傾向による水事情の悪化で20日から始まる夜間断水を前に、深夜まで営業する居酒屋などの飲食店に不安が広がっている。深夜から未明の時間帯をメーンに飲食店が密集する美崎町では「かき入れどきの忘年会シーズンと、夜間断水が重なって死活問題。営業時間の短縮も検討せざるを得ず、大きな損害になる」との声が出るなど、経済活動への打撃が懸念されている。

 夜間断水は午後11時から翌午前6時までの7時間だが、深夜まで営業する店舗では調理場、トイレなどに水道水を使用できないため、料理の提供や衛生管理に影響が出る見通し。

 美崎町の居酒屋に勤務する男性(40)は「夜間断水になると、店じまいの片付けもあるので通常のラストオーダーの時間が縮まる。大きな損害だ」といら立ちを隠せない様子。

 夜間断水の報道を受け、貯水タンクを点検し、バケツを購入したという居酒屋店長の男性(42)は「正直、断水してみないと店の状況がどうなるか見当がつかない。営業時間の変更と貯水タンクの増設を検討している」と不安げだ。

 冬場の八重山観光は例年通り多くの団体客が来島する。観光業界によると稼働率は好調。大型ホテルなどでは、地下水や貯水タンクで水の確保は可能だが「宿泊客にも断水、節水への協力をお願いすることになるだろう」という。

 一方、水道水で大浴場の水を確保している中型ホテルでは「断水が続けば、大浴場の入浴時間を制限しないといけない。(断水の)見通しがつかないので非常に不安」と切実に語る。

 市水道部は「現在、夜間断水の解除は見通しがたたず天候次第。市民の皆さまに協力をお願いするしかない」と話している。

  • タグ: 夜間断水
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム