八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山に「島たび助成」検討 新知事・翁長氏

初当選から一夜明け、本紙を手に喜びをかみしめる翁長雄志氏=17日午後、那覇市久茂地の事務所

初当選から一夜明け、本紙を手に喜びをかみしめる翁長雄志氏=17日午後、那覇市久茂地の事務所

辺野古の移設承認 瑕疵あれば取り消し

 【那覇】16日の県知事選で初当選した翁長雄志氏(64)は一夜明けた17日、那覇市久茂地の事務所でインタビューに応じ、圧勝を報じる新聞に目を通しながら当選の喜びをかみしめた。翁長氏は「離島あっての沖縄。離島めぐりで住民の意見を聞く。徹底討論による率直な意見を聞きたい」と離島振興に取り組む考えを強調した。一方、那覇市長時代に取り組んだ離島への宿泊費などを支援する「島たび助成」を八重山3市町でも可能か検討する考えを示した。

 当選から一夜明けた感想を翁長氏は「県民が選挙の結果を喜んでくれた。使命感と責任の重大さを受け止め、立ち向かっていかなければならないと思っている」と述べ、決意を新たにした。

 辺野古埋め立てには「法的に瑕疵(かし)があれば取り消しできる。状況の変化(選挙の結果)で県益と国益を比較して、県益に分があれば撤回できる」と説明。申請資料の厳重な調査で取り消しか、撤回かの判断を下す考えを示した。選挙結果で示された辺野古新基地反対の「民意」を日米両政府に発信する重要性も強調した。

 八重山の振興では、島の良さを生かした取り組みを強調。県立八重山病院については「脳神経外科の再開、本島の医療機関などと連携した医師の確保を含め緊急、重大な使命と思っている」との認識を示した。

 このほか、航空運賃の低減、廃棄物処理施設の問題、進学する離島の子どもたちのための寄宿舎、新石垣空港の交通アクセス、空港ターミナルビルの改築、クルーズ船観光客受け入れの20万㌧超級バースの増設などに取り組むとした。

  • タグ: 県知事選翁長雄志
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム