八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キングス、群馬に圧勝

第4クオーターの4分42秒、アンソニー・マクヘンリーが豪快なダンクシュートを決める。キングスは群馬に20点差を付け、勝利を確実なものにした=17日夜、市総合体育館メインアリーナ

第4クオーターの4分42秒、アンソニー・マクヘンリーが豪快なダンクシュートを決める。キングスは群馬に20点差を付け、勝利を確実なものにした=17日夜、市総合体育館メインアリーナ

ブースター2360人が歓声

 bjリーグに所属する琉球ゴールデンキングスの公式戦が17日夜、市総合体育館メインアリーナで行われ、キングスは群馬クレインサンダーズを88—65で下し、4季連続開催の八重山公式戦で連勝記録を7に伸ばした。初の平日開催にもかかわらず、会場には2360人(主催者発表)のブースターが詰めかけ、迫力あるプロのプレーに歓声を上げた。第2戦は18日午後7時30分から行う。

 試合開始早々、キングスの大宮宏正がスティールからの速攻でダンクシュートを決めて先制。

 前半戦はキングスには苦しい展開。第1クオーターは群馬がインサイドとアウトサイドからシュートを決め、21—22。群馬の激しい守備で、キングスはシュートの精度を欠いた。

 第2クオーターからはキングスの厳しい守備が徐々に見え始め、群馬のミスを誘った。岸本隆一と並里成が攻撃にリズムを与え、並里の3ポイントやアンソニー・マクヘンリーのカットインなどで逆転。

 後半は疲れの見え始めた群馬に対し、キングスは突き放しにかかり、第4クオーターにはゴール下からパスを受けたマクヘンリーが遠目からリングに向かって飛び、豪快にダンクを決めて20点差、勝利を決定づけた。

 この日、最も活躍した選手に贈られるユーグレナ賞には大宮が輝いた。

 結果は次の通り。

 

    21—22

沖縄88 20—11 65群馬

    21—13

    26—19

  • タグ: 琉球ゴールデンキングスbjリーグ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム