八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新川婦人会 85周年の節目祝う

歴代会長に感謝状が贈られた新川婦人会の創立85周年記念式典=16日午後、新川公民館

歴代会長に感謝状が贈られた新川婦人会の創立85周年記念式典=16日午後、新川公民館

また新たな一歩を
歴代会長に感謝状

 新川婦人会(新崎洋子会長)の創立85周年記念式典・祝賀会が16日午後、新川公民館で開かれ、会員をはじめ関係者多数が参加し、生年祝いに当たる節目を盛大に祝った。式典では歴代会長ら17人に感謝状が贈られ、会員が今後の飛躍を誓った。

 新川婦人会は1929年11月11日に當銘コンさんを初代会長に創立。豊年祭や石垣島まつり、婦人学級など地域行事や伝統文化の継承に取り組んできた。会長は43代を数える。 式典では新崎会長が「新川婦人会の歴史の重みとともに会の一員であることに誇りを持ち、豊かな地域、生活づくりのため、より一層努力していきたい」と決意を述べた。

 感謝状を受けた歴代会長を代表し、第23代会長の山根慶子さんが「婦人会が85周年という歴史のある年を迎え、その席に居られることをうれしく思う。時代は変わっていくが、新川婦人会の歴史をこれからも引き継いでいってほしい」と話した。石垣市婦人連合会の金城綾子会長や新川字会の入嵩西正治会長が祝辞を述べた。式典後は祝賀会も開かれ、参加者らが和やかに85周年の節目を祝福した。

 感謝状を受けたのは次の皆さん。

 ▽歴代会長=山根慶子、漢那文江、仲大底君子、宮良スエ、大舛タマ、黒島春、石垣カツ子、宮良栄子、崎山ノブ、真玉橋宜子、高西タマ子、嘉弥真マサ、唐真佑子、波照間紀代子、池西美津子、東則子▽芸能指導功労者=古見久子

  • タグ: 新川婦人会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム