八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【県知事選】浮動票獲得に全力

舌戦を展開、支持訴え

 【那覇】16日投開票の県知事選挙は、13日から3日攻防に入った。いずれも無所属・新人で元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)、3選を目指す現職の仲井真弘多氏(75)=自民、次世代の党推薦=の4氏は、早朝から大票田の那覇市を中心に舌戦を展開し、支持を訴えた。各陣営の運動員は、票の上積みに向けてフル稼働、無党派層や浮動票の獲得に全力を注いだ。

 下地氏は早朝のごみ拾いの後、企業の朝礼に参加。那覇市や宜野湾市でスポット演説を行い、政策をPRした。首里での街頭演説では「子どもたちを元気にする教育の無料化を行い、公平さをつくりあげたい。私は沖縄の貧困などの課題を強い指導力で解決したい」と強調した。

 喜納氏は午後、金武町の漁港からサバニで名護市辺野古へ出発。到着後の漁港でのスポット演説で「われわれの思いは一つ。どんな結果が出ようとも堂々としてこの美しい海には基地を造らせない」と強調。この後、名護市で街頭ライブを繰り広げ、支持を訴えた。

 翁長氏は、那覇市内を中心にスポット演説をこなし、夜は政談演説会などで支持を訴えた。新都心の遊説で「基地は沖縄経済発展の阻害要因だ。保革を乗り越え、県民本位の政治をやりたい。誇りを持って子や孫に沖縄を引き継いでいきたい」と述べ、政策や公約をアピールした。

 仲井真氏は、早朝に県漁連や農連市場を訪問。企業回りの後、栄町市場でスポット演説に立ち「沖縄全体の経済の振興発展に力を入れたい。私にもう一度、県知事をさせてください」と訴えた。夕方からは、沖縄市で音楽芸能関係者の集い、うるま支部の総決起大会に参加した。

  • タグ: 県知事選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム