八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ミルクに世果報願い 23日に12年ぶり結願祭

神司がミルクの面に世果報の願いを込めた「ミルクヌマイヌウガン」=13日午前、平得公民館

神司がミルクの面に世果報の願いを込めた「ミルクヌマイヌウガン」=13日午前、平得公民館

平得公民館

 平得地区の結願祭が23日、12年ぶりに行われるのを前に、ミルクの面に世果報の願いを込める儀式「ミルクヌマイヌウガン(ミルクの願い)」が13日午前、平得公民館(崎原喬館長)で行われた。ミルクは結願祭当日に奉納される。

 結願祭は今年の農作物の収穫に感謝し、来年の豊作、住民の無病息災を願う行事で、12年ごとに行われるのが慣例。

 平得の結願祭は、かつては3日間にわたって盛大に行われていたが、1950年以降中断され、2002年12月1日に大阿母(おおあぼ)神職拝命500年祭にあわせて52年ぶりに復活。今回はそれ以来となる。

 「ミルクヌマイの願い」では、カンツカサ(神司)の3人が神酒や供え物でこれまでの五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、今後の世果報を祈願した。

 崎原館長は「12年ぶりの結願祭を成功させ、後世に残していけるようにしたい。また旗頭に書かれてある『慈雲』のように、恵みの雨が降ることも期待したい」と話した。

 ミルクの面を守る「ミルクヌマイ」役を務める男性(76)は「大事な役目で緊張するが、責任と義務を果たしたい」と述べた。

  • タグ: 平得公民館結願祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム