八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「八重山に大きな役割」 東アジア共同体構想

東アジア共同体構想について語る鳩山由紀夫氏=9日夜、ホテル日航八重山

東アジア共同体構想について語る鳩山由紀夫氏=9日夜、ホテル日航八重山

「尖閣問題は棚上げを」 元首相の鳩山氏が持論

 一般財団法人アジア共同体研究所理事長の鳩山由紀夫元首相が9日夜、「八重山と東アジア」をテーマに石垣市内のホテルで開かれた講演会(同実行委員会主催)に講師として出席し、「東アジア共同体構想を進める上で沖縄、八重山は大きな役割を果たす」と述べた。

 鳩山氏は、普天間飛行場の移設で「できれば国外、最低でも県外」を実現できなかったことに「県民に大きな失望を与えた」と陳謝した上で、持論の東アジア共同体構想への思いを語った。

 鳩山氏は「相手の国が嫌いだからで終わりではなく、どうやって仲良くするか、友愛の思想で共同体を構想し、実現していくことがアジア全体の軍事的な脅威を減らし、地域全体の反映につながる」と強調した。

 尖閣諸島について「もちろん日本の領土だが、互いの意見が違うことを認めること。領土問題がないと一方的に言うのは緊張感を高めるだけ。1972年の棚上げ合意に戻すことが重要だ」と述べ、日中首脳会談に期待感を示した。

 島しょ防衛を目的とした自衛隊配備については「中国脅威論ではなく、軍事力を減らす方向に促せば、ここに自衛隊を置く発想は成り立たない」とした。

 講演終了後、研究所の緒方修琉球・沖縄センター長を司会に、ジャーナリストの高野孟氏、与那国町議の田里千代基氏、石垣市議の前津究氏を加えて意見交換も行った。

  • タグ: 鳩山由紀夫尖閣問題
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム