八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山勢は予選敗退 きょう決勝T

JJ千葉戦で相手のスパイクをブロックする大喜産業の山根治之選手④と呉屋芳徳選手①=8日午前、市総合体育館メーンアリーナ

JJ千葉戦で相手のスパイクをブロックする大喜産業の山根治之選手④と呉屋芳徳選手①=8日午前、市総合体育館メーンアリーナ

川崎ヴィンテージ戦で豪快なスパイクを決める武南興業の新里武夫選手②=8日午前、市総合体育館メーンアリーナ

ヴィンテージバレー全国大会

 2014年度第5回全国ヴィンテージ8’Sバレーボール交流大会(日本バレーボール協会主催)は8日、市総合体育館をメーン会場に市内4カ所で予選リーグを行った。県代表として出場した八重山勢は大喜産業(50歳以上)が1勝1敗、武南興業(60歳以上)が2敗となり、予選で敗退した。50歳以上の部、60歳以上の部でそれぞれ8チームが9日の決勝トーナメントに進出した。

 

 【大喜産業】

 大喜産業は初戦でJJ千葉(千葉県)と対戦。第1セット序盤に6連続ポイント、終盤にも5連続ポイントを決められ621で1セットを落とすと、第2セットもペースをつかめずストレート負けとなった。

 第2戦はCLASSIC ARMY(福井県)と対戦し、エースの山根治之(53)と高坂正則(53)がポイントを重ねて本来のリズムを取り戻し、セットカウント2−0で全国大会初勝利を飾った。

 大喜産業の宮良信世主将(56)は「昨年に続く2度目の全国大会だが地元での初勝利はうれしい。来年は体のキレを取り戻して決勝トーナメントに進出したい」と話した。

 山根選手は「この大会のために一般男子や女子チームなど多くの後輩が練習相手になってくれたので感謝。地元大会で賞状を取りたかったが来年に向けてチーム力を高めたい」と語った。

 

 【武南興業】

 60歳以上の部予選4組で出場した武南興業は初戦で川崎ヴィンテージ(神奈川県)と対戦。新田健夫主将(62)と新里武夫(63)を軸に攻撃を組み立てたがレシーブミスが目立ち、第1セットを1021で落とした。

 第2セット終盤には9連続ポイントを奪われ921でゲームセット。ストレート負けを喫した。続く富士山倶楽部(静岡県)戦でも波に乗れず02で敗れた。

 新田主将は「全国大会初出場だが個人の差ではなく、チーム力の差を痛感した。来年は後輩が(60代に)上がってくるので選手をそろえて臨みたい」と意気込んだ。

  • タグ: バレーボール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム