八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

宮古郷友会に審査員特別賞 クイチャーフェスタ

第13回クイチャーフェスティバルで、クイチャーを踊る八重山在宮古郷友会の人たち=2日、カママ嶺公園多目的広場=宮古毎日新聞社提供

第13回クイチャーフェスティバルで、クイチャーを踊る八重山在宮古郷友会の人たち=2日、カママ嶺公園多目的広場=宮古毎日新聞社提供

古里思い、26人演舞

 宮古島市で2日開催された13回クイチャーフェスティバルに初出場した八重山在宮古郷友会(松原英男会長)の松原会長らが6日、八重山毎日新聞社を訪れ、審査員特別賞のバッシライン(忘れられない)島ぬ賞に選ばれたことを報告した。

 宮古出身者としてのアイデンティティーを共有しようと会員26人が参加。フェスタには29団体が出場し、郷友会はアンガマ行事のウシュマイ、ンミーを取り入れたクイチャーを披露した。

 2年前にフェスタを視察し、実行委員会と参加を約束した宮田正子女性部長、砂川ノリ子副部長は「2年後に実現した。アンガマを初めて見る人も多く、感動的だったと言われた。古里を忘れていないとの思いが盛り上がりにつながった」と興奮気味。

 松原会長は「郷友会の結束力と所属意識が高まったのではないか。今後は文化交流だけでなく、産業まつりで互いの物産を販売するなど経済交流もできないかと思う。宮古関係企業や個人の寄付でフェスタに参加することができた」と感謝。宮國恵慈顧問も「先島の発展に期待したい」と話した。

  • タグ: クイチャー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム