八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県外国公立大への進学率アップを 県教育庁

県外国公立大学への派遣に向けて出発した八重高の2年生=6日夕、南ぬ島石垣空港

県外国公立大学への派遣に向けて出発した八重高の2年生=6日夕、南ぬ島石垣空港

八重高生8人が出発

 県内高校生の県外国公立大学進学を推進するための「進学力グレードアップ推進事業」(県教育庁県立学校教育課主催)で、八重山高校から生徒8人(1年生3人、2年生5人)が6日夕、派遣先の関東と関西の大学に向け、南ぬ島石垣空港を出発した。

 同事業は県外の国公立大学などへの進学者を増やし、大学進学率の向上を図るもので、県内の高校生を対象に500人を選抜。2泊3日の日程で希望大学での受講や講演会に参加する。

 八重高からは今回、千葉大や東京海洋大などの関東コースに5人、奈良教育大や大阪府立大などの関西コースに3人が参加する。

 関東コースを選んだ久高美南子さん(2年)は「将来は地元で医師として働きたいので第1志望は琉球大学を考えているが、今回の事業では第2志望の千葉大学があったので実際に見てみたいと思って応募した」、関西コースの知花さくらさん(2年)は「農業経済関係の仕事に興味があるので、どの大学にどんなカリキュラムがあるか知りたい」とそれぞれ話した。

 同事業の派遣は10月も行われ、同校から関東コースに2人、関西コースに1人が参加した。

 県内の大学進学率は2013年3月卒が38.2%。これを19年3月卒までには43%に引き上げる計画。

  • タグ: 進学力グレードアップ推進事業
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム