八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

圧巻!市民大パレード 42団体1600人が参加

1600人余が参加し、沿道の人々を楽しませた市民大パレード=2日、市役所通り

1600人余が参加し、沿道の人々を楽しませた市民大パレード=2日、市役所通り

初のモーヤーコンテストも
白保公民館にモーヤー賞

 第50回石垣島まつりのハイライト、市民大パレードは2日午前11時から3時間半余にわたって行われた。42団体約1600人余が新川小学校から市役所までのコースを練り歩き、踊りなどパフォーマンスを繰り広げた。3カ所にモーヤー地点が設けられ、このうち市役所前で2分間のコンテストも。「六調節」が流れると、観客が飛び入りで踊りの輪に加わるなど、パレードと沿道が一体となった。コンテストの審査委員長を務めた石垣久雄石垣市文化協会長は「モーヤー文化を継承するためにも意義深い」と継続を望んだ。

 パレードは前半、小雨に見舞われたが、参加者はぬれながら行進を続け、沿道の住民も傘を差すなどして声援を送り続けた。小学校の鼓笛隊・器楽クラブの行進が中止となった。

 今年は地域枠が設けられ、11公民館が参加、旗頭に踊りと多彩な芸能を披露した。

 モーヤーポイントでは、息の合った団体演技や観客を巻き込んだ乱舞など、工夫を凝らしたモーヤーを競った。

 三線の音に「じっとしておれない」として沿道から飛び出していく市民も多く、パレードの最初から最後まで踊り続けた宇根底貞子さん(61)=磯辺=は「踊らないと眠れないくらい、民踊が大好き。きょうは楽しかった」と満面の笑み。コンテストでも、ベストパフォーマンス賞(アトム通過1万馬力)として表彰された。

 コンテストは総合力、独創性、演技力を基準に審査が行われ、初代のベストオブモーヤー賞(4万馬力)には白保公民館(前盛均館長)が輝いた。担当の内原和彦総務部長は「芸能が盛んな地域を証明できてうれしい。モーヤーはみんなの気持ちを一つにするので素晴らしい」と喜んだ。

 このほか、ユーモア賞(2万5000馬力)に八重山高校、ウーマンパワー賞(同)に石垣市婦人連合会(金城綾子会長)が選ばれた。

  • タグ: 石垣島まつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム