八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

50回記念 石垣島まつりが開幕

祭り初日のフィナーレは、郷土芸能の夕べで大盛り上がり=1日午後、新栄公園

祭り初日のフィナーレは、郷土芸能の夕べで大盛り上がり=1日午後、新栄公園

多彩なイベントを満喫
きょうは市民大パレードも

 50周年記念石垣島まつり2014(同実行委員会主催)が1日、7年ぶりに新栄公園を会場に開幕。絶好の祭り日和に恵まれ、大勢の人出でにぎわった。今年はパレードと祭り会場の一体化を図り、周辺商店街や地域活性化につなげるため、真栄里公園から新栄公園に戻した。多数の出店や展示即売コーナーが設けられ、ステージではライブやのど自慢など多彩な催しが2日間にわたり、繰り広げられる。

 1日は正午から会場の新栄公園で友好・親善都市などの来賓も参加してオープニングセレモニーが開かれ、登野城獅子保存会が勇壮な獅子舞で会場を清めた。実行委員長の中山義隆市長が「今年の祭りは記念の第50回目。八重山村が分村して100年、石垣市と大浜町の合併から50年という節目の年でもある。再び新栄公園で祭りが行われることにより、市街地や近隣地域の活性化が高まることを期待している」とあいさつ。

 上坂町の七條明町長と岡崎市の中安正晃副市長が祝辞を述べ、石垣市商工会の我喜屋隆会長の開会宣言で幕を開けた。

 メーン会場と周辺には、多くの出店が並び、玩具・ゲームコーナーには子どもたちの人だかりができた。市民会館展示ホールでは盆栽展、市民会館前は歩行者天国として開放され、オープンカフェも出てにぎわった。

 ステージでは、午後2時からの「ICTちびっこ・ファミリーのどじまん大会」で16組が出場。夕方からのスペシャルライブではDeLSoLe、来間高子、RYOEI、成底ゆう子、ミヤギマモルのライブで盛り上がり、郷土芸能の夕べで最高潮に達した。

 2日は午前11時から午後3時まで市役所通りで、市民大パレード。新栄公園では、午後1時半からステージパフォーマンス、午後4時10分からリカ・トゥモール、与那覇歩、宜保和也のライブ、午後6時半から50周年記念セレモニー、午後7時から大工哲弘、BAGADABANDのライブ。打ち上げ花火は午後8時40分から予定されている。

地図
  • タグ: 石垣島まつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム