八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

年賀はがき販売始まる 八重山郵便局

エイサーを演じ、年賀はがきの販売をPRする子どもたち=30日午前、八重山郵便局

エイサーを演じ、年賀はがきの販売をPRする子どもたち=30日午前、八重山郵便局

子どもエイサーがPR

 来年の年賀はがきの販売が30日、全国一斉に始まり、八重山郵便局(松川真局長)では同日午前、子どもエイサー会(山根洋子代表)の子どもたち5人がエイサーを演じて発売開始をアピールした。

 来年の年賀はがきは全国で32億1千5百90万8000枚販売。県内では前年度より45万8000枚(3.2%)多い1470万販売する。

 松川局長はこの日の発売開始セレモニーで「メールとは違うはがきが持つ温かさで新年を迎えることができるよう利用してほしい」とあいさつした。

 エイサーの後、最初の購入者となった山根一芯君(八島小4年)は50枚を買い求め、「おばあちゃんや内地に住むおばさん、先生や友だちに送りたい。どう書くかはこれから考える」と話した。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム