八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【県知事選】県知事選 きょう告示 辺野古移設の是非が争点

保革対決から保守分裂選挙

 【那覇】任期満了に伴う11月16日投開票の県知事選挙は30日告示され、17日間の選挙戦に突入する。選挙は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の是非を最大の争点に、現職で3選を目指す仲井真弘多氏(75)=自民推薦=と、前那覇市長の翁長雄志氏(64)による事実上の一騎打ちとなる見通し。従来の保革対決から保守分裂選挙となる構図をみせている。その他、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)も出馬する。

 選挙戦の争点となる米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設について仲井真氏は「容認」、翁長氏は「反対」、下地氏は「県民投票」、喜納氏は「承認撤回」を訴えている。

 仲井真氏は、30日午前8時半から那覇市牧志のいとみね会館前で出陣式を行い、第一声を放つ。出陣式後は宜野湾市で演説後、浦添市、豊見城市、糸満市を回り、各地で支持を呼び掛ける。

 翁長氏は30日午前8時から那覇市壷川のざまみマンション跡地での出陣式で第一声。その後、辺野古と名護市役所前で演説、沖縄市、宜野湾市、新都心などで街頭演説し有権者に支持を訴える。

 下地氏は30日午前8時に那覇市おもろまちの事務所で必勝祈願の後、午前10時から県民広場で出陣式。第一声を放った後、浦添市、宜野湾市、沖縄市などでスポット演説を行い支持拡大を狙う。

 喜納氏は30日午前9時から久高島で出発式を行う。掲示板にポスター掲示し、徳仁港で第一声。この後サバニで本島に渡り、首里城や県庁前で演説し、国際通りを練り歩き公約をアピールする。

 29日現在の選挙人名簿登録者数は110万8189人(男性53万9053人、女性56万9136人)。

  • タグ: 県知事選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム