八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

123年ぶりに「旭日綿花」復元 宮良村結願祭

宮良村結願祭のジョウリキィ(道行列)で子や孫を伴ったミルクが練り歩き、歩道は見物客で埋め尽くされた=26日午後、宮良村排所(オーセー)付近

宮良村結願祭のジョウリキィ(道行列)で子や孫を伴ったミルクが練り歩き、歩道は見物客で埋め尽くされた=26日午後、宮良村排所(オーセー)付近

123年ぶりに復元された旗頭「旭日綿花」=26日午後、宮良村拝所付近

地域上げて豊作祈願

 宮良村結願祭が26日午後、集落の西側にある拝所「オーセー」で4年ぶりに行われ、1891年(明治24年)以来、123年ぶりに復元された綿花をかたどった旗頭「旭日綿花」が披露されたほか、各伝統芸能の奉納で村の繁栄と農作物の豊穣(ほうじょう)などを祈願した。宮良公民館からオーセーまで練り歩くジョウリキィ(道行列)には約250人が参加した。結願祭前日には各御嶽で祈願があり、神々を拝所に招く行事が執り行われた。

 この日は午後から子や孫を伴ったミルクを先頭に道行列があり、オーセー中庭では宮良老人クラブ寿会の73歳以上の女性たちによるザイの踊りや、72歳以下による「夜雨節」、青少年によるションク・イルク太鼓や宮良棒術保存会による棒術、同旗頭保存会による旗頭などが次々と奉納された。

 舞台では、宮良村に現存する祭式踊り「世果報口説」「目出度節」「宮良口説」「ヨーホー節」が祝儀番として披露された。

 宮良公民館の前花雄二館長は「宮良村に常に良いことが続き、村民の健康と幸福、繁栄がもたらされるよう願いたい」と述べた。

 宮良村の結願祭は、人頭税時代には毎年行われていたが、1903(明治36)年に同税が廃止されて以降はカンドゥスイ(神年)の子(ね)、寅(とら)、午(うま)、酉(とり)の年に行われるようになった。

  • タグ: 宮良村結願祭旭日綿花
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム