八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

グリーンベルトを植栽 八島小5年の児童

赤土等流出防止活動事業の一環で、グリーンベルトの植栽を体験した八島小の児童たち=24日午前、新川地区

赤土等流出防止活動事業の一環で、グリーンベルトの植栽を体験した八島小の児童たち=24日午前、新川地区

赤土流出防止活動事業

 八島小学校(吉濱剛校長)5年生の児童42人は24日午前、新川奈良佐地区の亀谷善一さん=農家=所有のサトウキビ畑で、グリーンベルトの植栽を体験した。県の赤土等流出防止活動事業による環境教育の一環。

 児童たちは、前日に県が実施した講座で赤土流出の原因と対策を学び、この日は、ほ場の土が側溝に流出するのを防ぐため、イネ科のベチバーの苗400本をほ場と側溝の間に植えた。

 宮里稜人(たかひと)くんは「赤土を出さないために、農家の人たちがいろいろ工夫していると知った」と話し、大底莉央さんは「陸と海はつながり、赤土が流れると海が汚れると分かった。石垣島のきれいな海を守るためにグリーンベルトづくりができてよかった」と感想を述べた。

 県は2013年度に「県赤土等流出防止対策基本計画」を策定。県内の小学生を対象にした講座などで、赤土流出防止に対する意識を高めている。

  • タグ: グリーンベルト植栽
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム