八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

水産加工施設が起工 来年4月供用開始目指す

水産加工施設が建設される石垣漁港施設用地=23日午後

水産加工施設が建設される石垣漁港施設用地=23日午後

石垣市 漁業者の所得向上へ

 石垣市の水産加工施設建築工事の安全祈願祭が23日、八重山漁協西側の石垣漁港施設用地内で行われ、近く着工することになった。来年3月に完成し、4月から供用開始される。

 市水産課によると、加工場はモズク、マグロ、ソデイカなどの水産物加工所を1カ所に集約する県内初の複合型施設。鉄骨造りで建築面積は1400平方㍍。

 モズクの洗浄・選別、ソデイカの加工、マグロの加工の各ラインのほか、真空パックやレトルト商品づくりが可能な施設も完備する。

 養殖モズク生産部会の砂川政信部会長は「水産加工施設ができると品質も良くなり、漁業者にとってプラス。職員も仕事がしやすくなるだろう」と喜んだ。

 祈願祭で中山義隆市長は「加工場の整備で安心安全な水産物加工品の提供が可能となる。漁業者の所得向上、6次産業の推進につなげたい」とあいさつ。

 上原亀一八重山漁協組合長は「漁業者全員が心待ちにしていた。付加価値の向上、安心安全な加工品提供、販路拡大に大きく寄与するものと確信する」と述べた。

  • タグ: 水産加工施設
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム