八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

来月、生産者に説明 工事遅れで方針

西表製糖工場の建設工事の工期内完了などを要請する西表島さとうきび生産組合の山城富正組合長(左)=21日午前、竹富町長室

西表製糖工場の建設工事の工期内完了などを要請する西表島さとうきび生産組合の山城富正組合長(左)=21日午前、竹富町長室

竹富町 西表製糖工場

 建設工事が遅れている西表製糖工場について、竹富町は11月に地元で建設完了の見通しなどを説明することにしている。同工事は年内に完了する予定だったが、全国的な鉄鋼関連の加工・搬入の遅れで、9月末の工事の進捗(しんちょく)率で15・28%の遅れが発生。11月初旬には建材の鉄鋼が搬入され、建屋建築が始まることから、工程のめどがつくのを待って、同月中に説明会を開くことにしている。

 農林水産課の田代仁課長補佐によると、町は工事の遅れを取り戻すため、工事発注を一括ではなく4工区に分けて発注。

 ただ、来年1月上旬の操業開始に間に合わない可能性が高まっており、西表島さとうきび生産組合の山城富正組合長らは21日午前、竹富町役場で川満栄長町長に工期内の完了を要請するとともに、遅れる場合には工事完了期を早期に確定するよう求めた。

 山城組合長は「刈り取りが遅れれば、来期に向けた肥培管理や春植え、株出しも遅れ、全体に影響してくる。工期内の完了をお願いしたい」と要望。

 組合員らは「操業開始日が分からない状況ではアルバイトの募集が出せない」「アルバイトにいつ現地入りしてもらえばいいか答えられない」、「すべて刈り取ることができるか不安」などと訴えた。

 川満町長は「毎週の工程会議で工期内の終了に努力するよう業者に求めている」と述べた。

 西表では今期、9月1日時点で収穫面積約147㌶、生産量8987㌧のキビ生産量を見込む。

 西表糖業の操業開始時期は過去5期で12月5日から1月6日。

  • タグ: 西表製糖工場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム