八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アーチェリーで初の県代表 

本年度の第32回九州高校アーチェリー新人大会に初出場する八重山商工高校の川原壯太=17日午後、南ぬ島石垣空港

本年度の第32回九州高校アーチェリー新人大会に初出場する八重山商工高校の川原壯太=17日午後、南ぬ島石垣空港

川原(八商工2年)、九州大会に出場

 18、19の両日、佐賀市内で開催される本年度の第32回九州高校アーチェリー新人大会(主催・九州アーチェリー連盟、九州高体連)に、八重山商工高校の川原壯太(2年)が県代表として出場する。八重山の高校生がアーチェリーで九州大会に出場するのは初めて。

 アーチェリーを始めて約7カ月の川原は、9月20、21の両日開催された県高校新人体育大会に初出場。30㍍離れた標的に72射する30㍍ダブル(合計720点)で548点を上げ、2位に輝いた。

 初めての公式戦で九州大会まで勝ち進んだ川原。山田陽介コーチからは「毎日、教えられたことをやればいい」と激励を受けたという。

 「県大会は自己ベストも出せて、九州出場も獲得できびっくりした。今はプレッシャーは感じていない。九州大会の雰囲気も分からないが、自己新を出せるように集中していきたい」と意気込みを語った。

 川原は17日午後、空路、佐賀へ出発した。

  • タグ: 八重山商工高校アーチェリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム