八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

神事でミルク面に願い 26日に6年ぶり結願祭石垣字会

結願祭を前に、弥勒面に願いを込める神司と字会役員ら=16日午前、宮鳥御嶽

結願祭を前に、弥勒面に願いを込める神司と字会役員ら=16日午前、宮鳥御嶽

 石垣字会(池城孝会長)は16日、6年ぶりの結願祭で使用する「弥勒面」に願いを込める神事を宮鳥御嶽で行った。歴代会長らが立ち会い、神司3人がこれまでの五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、今後の世果報を祈願した。

 同字会の結願祭は2008年10月、27年ぶりに復活。本来は12年後の20年が次の開催年だが、後継者を育てるため開催間隔を縮め、今月26日に行うことになった。

 弥勒面は、木箱に入れて公民館に保管しており、この日は面と衣装を拝所に置いて祈願。神司の喜瀬悦子さんは「神様から良いお告げがあった。今日のお願いもすべて受け入れてくれた」と報告した。

 池城会長は「6年ぶりの結願祭の開催を報告するとともに、この間の五穀豊穣に感謝し、来夏世の豊穣をお願いしたい。私たちも身を清めて結願祭を迎えたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム