八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

サヨナラ、懐かしの玄関口 旧石垣空港

近く解体工事が始まる旧石垣空港ターミナルビル=16日午後

近く解体工事が始まる旧石垣空港ターミナルビル=16日午後

旧ターミナルが年内撤去へ

 旧石垣空港のシンボルとなっていた石垣市所有のターミナルビルは、近く解体工事が始まり、年内には撤去される見通しだ。旧空港では、市消防庁舎(旧石垣航空基地庁舎)を残し、ほとんどの建物が取り壊されることになる。

 市章と「石垣空港」の看板が掲示されたターミナルビルは1973(昭和48)年11月に供用開始され、旧空港が閉鎖される前日の2013年3月6日まで40年間使用されてきた。長年、市民に親しまれてきた施設は年内には跡形もなくなる。

 市空港課によると、ターミナルビルの一部が新空港アクセス道路にかかるため、県から年内の撤去を求められているという。20日に工事請負契約を結び、60日以内の解体を予定している。

 ターミナルビルは一部2階建ての鉄筋コンクリート造りで、建築面積は1379平方㍍。

地図
  • タグ: 旧石垣空港撤去
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム