八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

食料品5日ぶり到着 離島はまだ品薄状態

台風19号の影響で5日ぶりに本島から届いた生活物資をコンテナから下ろす作業員ら=15日夕、石垣港

台風19号の影響で5日ぶりに本島から届いた生活物資をコンテナから下ろす作業員ら=15日夕、石垣港

台風19号の影響

 台風19号の影響で空・海の便が欠航し、石垣市内の大型店やコンビニエンスストアなどでは、乳製品を中心に品切れ状態が続いていたが、15日午後、5日ぶりに那覇から貨物船が入港し、食品や雑貨などが店頭に並んだ。 石垣市新川に住む主婦(36)は「必要な物がなくて困っていたのでよかった」と生活物資の到着に安堵(あんど)の表情

を浮かべた。

 同日正午すぎ、石垣港に船が到着すると、大型店を中心に生活物資がトラックで次々と配送された。

 大型店やコンビニの店長らは「台風の影響で商品が滞り、ストックもない状態。中でも日持ちしない乳製品が品切れしていたので、船が入ってきて良かった」とホッとした表情。

 一方、竹富町や与那国町のスーパーでは依然、生活物資が届いていない。西表島の川満スーパーに勤務する福田剛さん(36)は「毎回のことだが、台風の影響で生鮮食料品や野菜類が足りない。石垣から入荷しても、客が殺到するのですぐ品薄となり、値段も1・5倍高くなる」と話す。

 与那国町のふくやまスーパーの経営者は「14日に石垣島の問屋から送ってもらったが、すぐ売り切れた。乳製品や缶詰、インスタント食品が品切れ。陳列棚には何もない」とため息交じりに話した。

 市内の配送業者によると、離島への生活物資は16日以降、順次配送される見通し。

  • タグ: 台風19号品薄
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム