八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台風19号、八重山はオクラやゴーヤに被害 

台風19号の被害状況の報告が行われた県災害対策本部会議=14日午前、県庁

台風19号の被害状況の報告が行われた県災害対策本部会議=14日午前、県庁

県内農林水産業で8億円超

 【那覇】県が台風19号対策で10日から設置している県災害対策本部(本部長・仲井真弘多知事)の会議が14日午前、県庁で開かれ、各部局が被害状況を報告した。

 県内農林水産業の被害額は同日午前8時の取りまとめで約8億6484万円。最も被害が大きかったのはサトウキビで、約2億9124万円と見込む。

 久米島では、車エビの養殖池の内壁破損や高潮によるエビの流出があり、約3億4000万円の被害。林業や畜産業などの被害については調査している。

 地域別の被害額は本島南部が最も多く6億3787万円、北部が約1億2798万円、中部で8136万円、宮古が1644万円、八重山はオクラやニガウリで118万円の被害があった。

 防災危機管理課によると人的被害は、重傷3人、軽傷23人。糸満市で9歳の小学生がドアに指を挟まれ、切断する事故があった。土砂崩れは名護市や大宜味村などで12件発生、北部地区の国道などで片側を含む11件の通行止めが続いている。

 同対策本部はこの会議で解散し、今後は各部局が復旧対策に当たる方針を確認した。

  • タグ: 台風19号被害
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム