八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川平高屋線急ピッチ 八重山土木事務所

延伸工事が進められている県道川平高屋線=9日午前、川平浄化センター前

延伸工事が進められている県道川平高屋線=9日午前、川平浄化センター前

約6割工事完了
16年度から供用開始

 県八重山土木事務所が川平集落内の交通混雑解消に向け2004年度から整備を進めている旧農村集落センター前と底地ビーチ手前の市道を結ぶ県道川平高屋線延伸事業(全長約1500㍍)は、本年度で事業着手から10年が経過。13年度末までに計画の57%に当たる860㍍が完了し、本年度中に1000㍍まで整備を進める予定。同区間は当初は11年度供用開始を予定していたが、用地取得の遅れなどから期間が延びており、県では16年度の供用開始を目指している。

 川平公園や底地ビーチ、ホテルへのアクセスには集落内の生活道路が利用されており、住民の車両に加え、バスやタクシー、レンタカーなど観光客が利用する車も多く、道路交通上、危険性が指摘されている。

 このため、県は観光交通と住民の生活交通を分離することで安全を確保し、観光関連施設へのアクセスを改善するため、同路線の延伸事業を進めている。

 ルートは旧農村集落センター前から川平浄化センター前を通り、一周するような形で底地ビーチ前の市道につなげるもの。

 総事業費は6億8000万円。14年度9月末までの用地取得率は面積ベースで91%。約2万1000平方㍍のうち、約1万9000平方㍍を取得している。

 同事務所道路整備班の玉城正教班長は「地権者や地域住民の理解を得て、16年度までに供用開始できるようにしたい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム