八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

7個の大会新記録を樹立 八重山地区小学校陸上

強風が吹く中、熱戦が展開された第14回八重山地区小学校陸上競技大会=11日午後、市営陸上競技場

強風が吹く中、熱戦が展開された第14回八重山地区小学校陸上競技大会=11日午後、市営陸上競技場

後冨底(6年男子)が100㍍で12秒00

 第14回八重山地区小学校陸上競技大会(地区小学校体育連盟主催)が11日、石垣市中央運動公園陸上競技場で開催され、100㍍と200㍍、走り高跳び、ソフトボール投げで7個の大会新記録と1個の大会タイ記録が誕生した。

 この日は台風19号の影響で石垣島と周辺離島を結ぶ航路が全便欠航となり、出場を予定していた35校のうち竹富と小浜、大原、古見の4校が出場できなかった。

 大会は、市内登野城で午後2時に最大風速18㍍を観測するなど強風が吹く中で競技が行われ、6年男子100㍍では後冨底武司(波照間)が大会記録を0秒6更新する12秒00の大会新記録を樹立した。

 このほか、男子100㍍1年Aの川島修斗(八島)が16秒0、同Cの齋藤青(伊野田)が16秒3、5年Aの西表夢叶(大浜)が13秒1、男子5年200㍍で玻名城友芽(登野城)が27秒6を記録。

 女子6年走り高跳びで大浜朋笑(登野城)が1㍍28、同代表ソフトボール投げで赤嶺温奈(白保)が57㍍46で大会記録を更新。

 2年男子100㍍Aで伊志嶺太千(石垣)が15秒5の大会タイ記録を出した。

地図
  • タグ: 小学校陸上競技大会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム