八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工マイコン部が準優勝 アイデアロボット

アイデアロボットの部で準優勝した八重山商工高校マイコン部の皆さん(前列)と相撲ロボットの部で入賞した皆さん=10日午後、同校校長室

アイデアロボットの部で準優勝した八重山商工高校マイコン部の皆さん(前列)と相撲ロボットの部で入賞した皆さん=10日午後、同校校長室

相撲ロボットは半田君ら 全国、九州大会へ

 9月11、12日に美里工業高校で開かれた第21回沖縄県高等学校ロボット競技大会(県工業教育研究会、県高等学校文化連盟主催)のアイデアロボットの部で、八重山商工高校マイコン部(稲本健、照屋将太、比嘉慎一郎、本若俊介、翁長和希、前田島亮)が準優勝、相撲ロボットの部ラジコン型で機械電気科電気コース3年の半田康起君と同機械コース3年の譜久村翼君が準優勝に輝いた。

 マイコン部は11月8、9日に宮城県で開かれる全国大会、半田君と譜久村君は9日に福岡工業大学で開かれる九州大会に出場する。

 アイデアロボットは幅、奥行き、高さそれぞれ60㌢以内、重さ18㌔以内のロボットを製作し、缶詰を運んだり、ペットボトルをゴールに入れることで点数を競う。相撲ロボットは幅20㌢、奥行き20㌢以内、高さ制限なし、重さ3㌔以内のロボットを使い、相撲をして時間内に土俵外に出した数で勝敗を決める。

 マイコン部は今年4月からロボットの製作に取りかかり、9月上旬に完成。自分たちで設計図から考えなければならず、試行錯誤の日々だったという。リーダーの照屋君と本若君は「夏休みもほぼ毎日制作に明け暮れたので、動いた瞬間の感動は忘れられない。決勝に行けて本当にうれしかった。全国でも上位を目指したい」と抱負。半田君は「決勝は相手の操作がうまくて1勝もできず、悔しかった。九州では課題を克服し、操作の練習も積んで上位に入れるように頑張りたい」と意欲を語った。

 マイコン部以外の結果は次の通り。

 【相撲ロボットの部ラジコン型】

 ▽準優勝=半田康起、譜久村翼▽4位=譜久村翼、半田康起

 【相撲ロボットの部自立型】

 ▽4位=比嘉慶幸、長嶺塁(以上電気コース3年)

地図
  • タグ: 沖縄県高等学校ロボット競技大会八重山商工高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム