八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

住民に基本設計説明 新川・真喜良団地建て替えで

県営新川団地・新川市営住宅完成イメージ図(県施設建築課提供)

県営新川団地・新川市営住宅完成イメージ図(県施設建築課提供)

県営真喜良第2団地完成イメージ図(県施設建築課提供)

県と石垣市

 県と石垣市は9日夜、真喜良小学校体育館で県営新川・真喜良・真喜良第2団地・新川市営住宅建て替え工事の基本設計説明会を開いた。説明会には大勢の団地住民らが参加し、建て替えに伴う施設整備を要望するとともに、現施設の改善や共益費の徴収方法などについて意見が相次いだ。

 県と市では老朽化した公営住宅の住機能と防災機能の向上、団地余剰地を活用した周辺地域の活性化を目標に新川地域居住機能再生計画を策定。

 4団地合わせて現在の498戸から建て替えで539戸に増やす計画で2DK、2LDK、3LDKの団地7棟を建てる予定。

 今後は市景観形成審議会で審議した後、来年3月には実施設計と移転計画の説明会を実施する。

 説明会では住民から「高齢者や障がい者は1階に住めるようにしてほしい」「駐輪場の整備を」「集会施設に倉庫も設置してほしい」と要望が相次いだ。

 県や市ではこれを受け、部屋割りは基本的に抽選となるが、高齢者や障がい者には配慮する方針で駐輪場や集会施設の倉庫は実施設計の中で検討していくことになった。

  • タグ: 県営新川団地県営真喜良団地県営真喜良第2団地建て替え
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム