八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「命草(ぬちぐさ)を新たな産業に」

ハーブサミット石垣市大会・ハーブフェスティバルについて意見交換に訪れたジャパンハーブソサエティーの熊谷博理事長(左から3人目)ら=2日、庁議室=石垣市提供

ハーブサミット石垣市大会・ハーブフェスティバルについて意見交換に訪れたジャパンハーブソサエティーの熊谷博理事長(左から3人目)ら=2日、庁議室=石垣市提供

JHSの熊谷理事長
ハーブサミットで来島

 ジャパンハーブソサエティー(JHS)の熊谷博理事長と木村正典専務理事らが2日、石垣市役所に中山義隆市長を訪ね、全国ハーブサミット石垣市大会・ハーブフェスティバルin八重山に関する意見交換を行った。

 JHSは全国ハーブサミット連絡協議会のメンバーとして、これまで全国ハーブサミットの開催を支えてきた団体。八重山では、八重山支部の嵩西洋子支部長が開催に尽力している。

 熊谷理事長らは、八重山のハーブを『NUCHIGUSA(命草)』と命名することやフェスティバルの内容について魅力的と評価、「地域が一丸となって取り組んでいかれることを望む」と期待した。

 嵩西支部長は「命草は今後の八重山農業のあり方を変える可能性を秘めている。新たな産業となるよう取り組みたい」と意欲を示し、中山市長も「一過性のイベントではなく、これを契機に持続的な取り組みとなるよう取り組んでいきたい」と述べた。

 熊谷理事長らは意見交換のほか、市内のハーブ園を視察し、ハーブ料理も堪能した。

  • タグ: ハーブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム