八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新会長に野底武信さん 東京与那国郷友会総会

東京与那国郷友会総会祝賀会で、演じられた棒踊り=9月28日、板橋区の成増アクトホール

東京与那国郷友会総会祝賀会で、演じられた棒踊り=9月28日、板橋区の成増アクトホール

祝賀会もにぎやかに

 【東京】東京与那国郷友会(田村寿男会長)は9月28日、板橋区の成増アクトホールで第64回総会を行い、任期満了に伴う役員改選で会長に野底武信さん、幹事長に星野仁志さんを選出した。続いて開いた祝賀会も島の芸能でにぎわった。

 新会長の野底さんは「64年間という歴史がある。この間には、いろんな思いで東京に来て、頑張った人たちの魂がこもっている。それを大事にしたい。与那国の新しい時代をつくっていくために、若い人たちに引き継いでいくことが私の立場だ」と抱負を述べた。

 会場には、八重山郷友連合会会長の宇根底政祐さんも出席。沖縄本島から在石垣与那国郷友会会長の玉城留七さん、在沖与那国郷友会から会長代理で南風原当伸さんが訪れ、祝意を示した。

 祝賀会は与那国の「みてぃ唄」で幕開け。呉屋絹子の会や紀翔の会(入澤紀会主)が舞踊を披露。田里千典さんと与那国カイダ文字研究者のマルク・ローザさんは、昔話「馬の由来」を与那国方言で演じ、観客を楽しませた。

 与那国島出身の唄者・本竹裕助さんは、息子の裕作さんミニライブも行い、「十九の春」などの楽曲で会場を盛り上げた。

 昨年発足した青年部の請舛好則部長は「2カ月前から練習しているが、まだ様にならない」と苦笑しながらも、在沖与那国青年会(上原裕二郎会長)と郷里の伝統芸能で共演した。

 「ラング棒」や「ティンバイ」など勇壮な棒踊りを演じると、会場からは大きな拍手と指笛を送られた。

 最後は参加者が一体となった「ドゥンタ」で締めくくった。(黒島安央通信員)

  • タグ: 東京与那国郷友会総会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム