八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

障がい者実態調査へ 第4次福祉計画見直しで

市内の障がい者を対象に実態調査の実施を確認した委員会=9月30日午後、大浜信泉記念館

市内の障がい者を対象に実態調査の実施を確認した委員会=9月30日午後、大浜信泉記念館

石垣市

 第4次障がい者福祉計画及び第4期障害福祉計画の策定を計画している石垣市は9月30日、同策定委員会(東宇里永清委員長、委員20人)に計画策定を諮問し、作業をスタートした。今後、年度内に4回の会合を開き、計画案を策定。市民へのパブリックコメントを経て、来年3月までに答申。2015年度から施行する。

 第4期障害福祉計画は、障がいを持つ市民に円滑な福祉サービスの提供を図るため3年ごとの見直しが義務化されているが、これまで5年ごとに見直している第4次障がい者福祉計画と整合性を図るため、策定期間を変更した。

 計画見直しに向け同委員会では、市内で障がいを持つ市民3000人中、無作為に抽出した1400人を対象に実態調査を行い、日常生活の課題や問題点、福祉サービス利用の認知度や利用意向を把握し、問題点を整理することを確認した。

 東宇里委員長は「素晴らしい計画策定を目指すため、市民の声を聴いてしっかりと分析したい」と述べた。

 市障がい福祉課によると、市の障がい者数(障がい者手帳所有者)は2013年度で3101人と人口の6.4%を占める。このうち、身体障がい者が全体の74.4%の2307人、知的障がい者が14.4%の447人、精神障がい者が11.2%の347人となっている。

 市が行っている障がい福祉サービスは延べ1万716人が利用し、総支給額は約10億円に上っている。

  • タグ: 障がい者障害福祉計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム