八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「デイゴを元気に」 川平中生徒ら薬剤を注入

デイゴの樹幹に薬剤を注入する川平中の生徒ら=9月30日午後、同校

デイゴの樹幹に薬剤を注入する川平中の生徒ら=9月30日午後、同校

NPOが防除法指導 沖銀の助成金を活用

 NPO法人花と緑の石垣島の波平長吉理事長と松島昭司理事は9月30日午後、川平小中学校(石垣幸子校長、児童生徒57人)を訪れ、中学1年生7人にデイゴヒメコバチの防除方法を指導し、生徒らがデイゴの樹幹に薬剤を注入した。公益財団法人「おきぎんふるさと振興基金」の助成金を活用。沖縄銀行八重山支店の慶田城広支店長も出席し、「デイゴの再生に生かしてもらい、活性化につながればと思う」と述べた。

 松島理事によると、ヒメコバチは8、9月に盛んに活動するため、この時期に実施。同校の校舎の南側にある2本のデイゴのうち1本の樹幹のほぼ半分が枯れており、実施校に選ばれた。

 波平理事長は写真や実物を用いながら「2㍉ほどの大きさのヒメコバチが卵を次々に産み付け、デイゴを枯死させていく」と述べ、「すぐに効果が出るというわけではないが、デイゴを元気にするためにみんなで薬剤を注入しよう」と呼びかけた。

 2本のデイゴには電動ドリルで数カ所に穴を開け、薬剤計25本を注入。生徒たちはガスの力で薬剤を押し込む作業に挑戦した。

 髙嶺愛(めぐみ)さん(12)は「(薬剤を注入するのは)簡単そうに見えて難しかった。ヒメコバチやデイゴについてもっと興味を持とうと思った」と感想を語った。

  • タグ: 川平小中学校デイゴヒメコバチ防除
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム