八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

テーマは「命草(ぬちぐさ)」 ハーブフェスタ多彩な内容

ハーブフェスタの内容について意見を交わす委員ら=24日午後、石垣市役所内

ハーブフェスタの内容について意見を交わす委員ら=24日午後、石垣市役所内

来年2月6日から1週間 産業の活性化が目的

 来年2月6日の第22回全国ハーブサミット石垣市大会と、同日から1週間開かれる「ハーブフェスティバルin八重山」の事業内容が24日、市役所で開催された第2回ハーブフェスティバル実行委員会(会長・中山義隆石垣市長、17人)で決まった。「Nuchigusa命草」をテーマにハーブを使った商品開発、レシピ集やハーブを扱う飲食店マップの作成を進め、オープンガーデン、観光体験プログラムなど多彩なイベントを実施する。

 フェスタは、約150種類以上あると言われる八重山のハーブを活用し、ハーブ産業の活性化を目的に開催する。実行委には3市町長らが加わっており、八重山圏域として推進する。

 石垣市大会は、北海道から沖縄まで全国の自治体や企業などで構成する全国ハーブサミット連絡協議会の活動が中心で講演会、パネルディスカッション、交流会などを予定。開催場所は今後、調整する。

 八重山独自の取り組みはハーブフェスタで展開される。市健康福祉センターで3日間、物販・体験コーナー、料理コンテストを行うほか、市内でハーブカクテルコンテスト、ハーブティーパーティーも行う。

 週間行事としては、ハーブや薬草などがあふれる庭を公開するオープンガーデン、ハーブを活用した体験型観光プログラムが行われる。

 テーマの「命草」について実行委は、八重山のハーブのブランド化を確立するため、ロゴを作成し商標登録を目指すことにしている。

 委員からはハーブフェスタに合わせ、道路の植栽をハーブにできないかとの提案もあった。

  • タグ: ハーブフェスタ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム