八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

波照間—石垣 片道4000~7000円

10月にも撤去される波照間空港ターミナルビル=12日午後

10月にも撤去される波照間空港ターミナルビル=12日午後

波照間空港再開で調整

 【波照間】来年秋から運航再開が予定されている波照間—石垣路線の航空運賃について、県交通政策課の嘉数登課長は12日午後、波照間農村集落センターで開かれた県議会公共交通ネットワーク特別委員会と竹富町・地元公民館との意見交換会で、片道4000円(県離島住民割引運賃)~7000円(一般)で調整していることを明らかにした。

 2008年11月から運休が続いている同路線の再開に向けては、県と竹富町、多良間村、第一航空(本社・大阪府)の4者で構成する石垣拠点空路線開設検討協議会が協議を進めており、1日2往復の運航再開を見込んでいる。

 町は10月にも現ターミナルビルを解体・撤去し、県が年内にも新ターミナルビルの建築に着工する予定。新ターミナルビルは建築面積約330平方㍍を見込んでおり、現施設の165平方㍍から約2倍の規模になる。

 県は、17日から始まる県議会9月定例会に、約9700万円のターミナルビル整備費を盛り込んだ予算案を計上する。来年3月までには定員19人乗りのプロペラ機を購入し、第1航空に納入する計画だ。

 同協議会では、運航再開後の赤字補填(ほてん)分の負担割合についても協議を進めており、搭乗率に応じて町の負担割合を増減する方向で調整している。

 このため、地元公民館では郷友会とともに利用促進協議会(仮称)の設立に向けて作業を進めており、東迎一博公民館長は「地元としても空路再開に向けて機運を高めていくため、早めに設置したい」と話している。

  • タグ: 波照間空港運航再開航空運賃
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム