八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

長田家の古墓、文化財指定 市文化財審

文化財指定を諮問された長田家の古墓(仮称)を視察する石垣市文化財審議会の委員ら=12日午後

文化財指定を諮問された長田家の古墓(仮称)を視察する石垣市文化財審議会の委員ら=12日午後

ヤラブ並木の追加も

 石垣市文化財審議会(石垣博孝委員長、委員10人)は12日午後、市教育委員会で第1回会議を開き、市教育委員会から諮問のあった長田家の古墓(仮称)の指定と、宮良浜川原のヤラブ(テリハボク)並木の追加指定を全会一致で決定した。ヤラブ並木の追加指定については16日、玉津博克教育長に答申。26日の定例会で承認され、今月中にも正式に追加指定される見込み。長田家の古墓の答申時期は未定となっている。

 長田家の古墓は、長田大主の子孫が古来大事に守ってきた墓で、現在は家譜を受け継いでいる長田信洋氏が管理。背後にバンナ岳を控えた高台に建てられており、亀甲状の屋根がなだらかな形状であることから、亀甲墓の中でも古くからある手法で造られた要素を持つ。

 このため、長田大主の墓と考えられているが、直接関係する資料は確認されていない。八重山諸島で唯一の形状で、墳墓の形成を知る上でも重要とされている。

 審議会のメンバーは文化財指定に先立ち、古墓を視察。文化財課職員が琉球石灰岩やチャートという岩石で造られていることなどを説明した。

 ヤラブ並木の追加指定は、リゾート型分譲マンションの建設に伴い、フェンスの設置で並木が分断される恐れがあったため、市教委の要請に土地所有者が応じ、フェンスを最小限の高さにした。

 ヤラブ並木は、明治初期に宮良村の人たちが旧道路の開通を記念し、道路両側に植栽したのが始まりとされ、幹周りが1㍍を超える巨木は、樹齢100年を超すと推定されている。

  • タグ: 石垣市文化財審議会長田家古墓
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム