八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

当選者22人に証書 石垣市選管

当選証書を受ける友寄永三氏(左)ら=11日午前、市役所2階会議室

当選証書を受ける友寄永三氏(左)ら=11日午前、市役所2階会議室

市政発展に決意新た

 7日に行われた石垣市議選の当選証書付与式が11日午前、市役所会議室で行われ、当選した22人が石垣市選挙管理委員会の伊是名八郎委員長から証書を受け、決意を新たにした。

 最多得票を獲得した平良秀之氏が当選者を代表してあいさつし、「今後4年間、石垣市発展のために共に議論を交わし、市議会活動に取り組んでいきましょう」と呼びかけた。

 伊是名委員長は「市民と約束した政策を実行し、議会のチェック機能も発揮し、市民の期待に応えてほしい」と激励。漢那政弘副市長が中山義隆市長に代わって祝福した。 

 新人のうち、2度目の挑戦で当選した友寄永三氏は「教育問題、特に学力向上に取り組みたい。支持者からも力を入れてくれという要望が強かった」と話した。

 当選者の任期は28日から4年間。29日から始まる9月定例会に臨む。定例会では最初に議長を選出する。

 改選後の与野党勢力は与党14人、野党7人、中立1人となる。

  • タグ: 当選証書石垣市議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム