八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

昨年の救急出動2288件 市消防

緊急出動件数の推移

緊急出動件数の推移

「適正利用」呼び掛け

 石垣市消防本部(救急車2台)の救急出動件数は昨年、2288件となり、過去最高だった前年を80件下回った。1日当たりでは6.2件で、市民の21.8人に1人が救急車を要請したことになる。同じ時間帯に2台が出動する「W出動」は216件で、今年は8月31日までに132件となっている。市消防の大浜武署長は「一番重要なのは健康管理。軽症や急病は医療機関の早めの受診や自己管理で減らせる。同じ時間帯に出動要請が4件重なることもあり、重篤な患者が発生した際に影響が出る可能性もある。救急車の適正利用をお願いしたい」と呼びかけている。

 市消防のまとめによると、昨年の救急搬送人数は前年比117人減の1986人。急病の場合の救急車現場到着時間は平均約6.20分で前年より0.08分遅くなった。

 近隣町村からの搬送件数は、竹富町80件(前年比4件減)、与那国町38件(7件減)、多良間村6件(5件減)だった。

 搬送の事故種別では急病が1211人で60.9%を占めた。次いで一般負傷289人(14.5%)、転院搬送259人(13.0%)、交通事故134人(6.7%)の順。傷病程度別では、入院を必要とするが重傷ではない「中等症」が948人、入院を必要としない軽症が770人、重症が225人、死亡が33人だった。

 発生場所別は住宅内が1060人で最多。公衆の出入りする場所からは546人が搬送された。

 応急手当て講習会は、前年より33回多い123回開催し、受講者は前年より248人多い2584人。

 14年の救急出動件数は8月31日時点で1583件(前年同期比5件減)、救急搬送件数1324人(同51人減)と減少傾向。

  • タグ: 救急出動石垣市消防本部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム