八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【石垣市議選】市議選、与党が14議席獲得 安定多数を確保

トップ当選を果たし、万歳をして喜ぶ平良秀之氏(中央)と支持者たち=8日午前1時45分ごろ

トップ当選を果たし、万歳をして喜ぶ平良秀之氏(中央)と支持者たち=8日午前1時45分ごろ

石垣市議会議員選挙開票結果

新人長山氏が最年少当選

 3市町議会議員選挙は7日、投票が行われた。石垣市議選(定数22)と与那国町議選(定数6)は即日開票の結果、当選者が決まり、市議会は与党が現有1増の14議席を獲得し、引き続き安定多数を確保した。野党系は7人で現状維持。中立が1人減。与党が引き続き安定多数を確保したことで、議会の場から中山義隆市長を支える体制が整った。与那国町議会では与党3、中立系を加えた野党3と拮抗(きっこう)する構図となった。投票率は3市町全てで前回選挙を下回った。

 市議選は現職19人のうち16人、新人9人のうち5人、前職1人がそれぞれ当選した。

 与党系は現職の上門孝子氏(63)と内野篤氏(47)が落選する一方、新人の長山家康氏(26)が初当選、前職の今村重治氏(61)が返り咲いた。

 野党は現職4人に加え、崎枝純夫氏(59)、福島英光氏(55)、井上美智子氏(61)の新人3人が加わった。

 新人では長山氏が1978年に現県議高嶺善伸氏が28歳で初当選した市議会史上最年少当選記録を塗り替えた。20代議員の誕生は4人目。

 トップ当選は1313票を獲得した平良秀之氏(44)=公明公認=だった。

 今選挙は、とくに大きな争点がないうえ、新人候補も前回に比べて少なかったため、盛り上がりに欠けた。自衛隊問題は計画が具体化しておらず、争点になりにくかった。

 与党系が現状の13人以上を確保できるか、野党系が引退する現職3席を穴埋めできるかどうかが焦点となり、与党系が勢力を拡大する結果となった。

 投票は市内21カ所の投票所で午前7時から、一部を除き午後7時まで行われ、午後8時半から市総合体育館メインアリーナで開票された。

 当選者の任期は9月28日から4年間。当選証書の付与式は11日午前10時から市役所2階会議室で行われる。

 改選後初の定例会は29日。最初に議長選が行われる。

石垣市議会議員選挙開票結果

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: 石垣市議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム