八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【与那国町議選】外間町政、与党多数から拮抗へ 議長人選が注目

トップ当選を果たし、万歳三唱で喜ぶ田里千代基氏の支持者ら
=7日夜、祖納地区の選対事務所

トップ当選を果たし、万歳三唱で喜ぶ田里千代基氏の支持者ら
=7日夜、祖納地区の選対事務所

与那国町議選開票結果

投票率前回よりダウン

 【与那国】定数6に対し、7人が立候補した与那国町議会選挙は具体的な地域振興策や9年間の外間町政への信任、自衛隊配備などを争点に2日から激しい選挙戦を展開した。7日午後8時から開票が行われ、現職4人、新人1人、元職1人が当選した。議会勢力は与党3人、野党3人となり、与野党が拮抗(きっこう)する形となった。トップ当選は田里千代基氏の183票。投票率は96.78%で、前回(97.83%)から1.05%減少した。

 今町議選には与党で現職3人と元職1人、野党で現職2人と新人1人(中立)の7人が立候補。

 与野党ともに、町の発展に向けて取り組む姿勢は一緒だが、与那国島への自衛隊配備で、予定地の敷地造成工事が始まるなど配備が現実化する中、与党側は配備とリンクさせた町経済の活性化やインフラ整備、人口増などを訴え、現職2人と元職1人が当選。

 これに対し、野党側は自衛隊基地やレーダーの建設中止、住民投票の実施、住民本位の町政、外間町政への信任などを訴え、現職2人と新人1人が当選した。

 議会勢力は与党3人、野党3人とこれまでの与党多数から与野党が同数となり、議長をどの党が務めるか注目される。

 今後6人は町民から付託を受けた町議として与野党を問わず、地域経済の活性化・振興、定住条件の整備、人口減の歯止め、外間町政に対するチェック機能を発揮させるとともに、町民のためのまちづくりに向けた協調が求められる。

  • タグ: 与那国町議選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム