八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

首相も?

 ▽…初めて西表島を視察した牧原秀樹環境政務官。昨年はハワイやボルネオ、インドネシア、アフリカなどを訪問したが「日本にこんな素晴らしいところがあるとは…」と西表島の豊かな大自然を称賛。「機会があれば安倍総理にも伝えたい」と話し、世界自然遺産登録に向けた作業が進む中、初めてとなる首相の西表入りも間近?

 ▽…名蔵湾の沈水カルストの詳細な地形図が完成した。菅浩伸九州大学大学院教授らの研究グループが発表したもの。さっそくこれに連動する形で、八重山ダイビング協会や環境省がサンゴ礁の調査を始める。名蔵湾海域ではこれまで科学的な調査がほとんど行われておらず、どのような結果が出るのか楽しみ。

 ▽…八重山の観光客数が6月までの半年間で53万人を突破し、昨年同期の40万人を12万人上回った。昨年1年間の累計は94万人。このペースで観光客を集客できれば、100万人の大台に。しかし、10月以降に冬場の観光が落ち込むことが予想されており、冬場でも楽しめる商品の開発・創出などが求められている。

 ▽…新造貨物船「せつ丸」が石垣港に初就航し、船会社や港湾関係者は入港を歓迎。従来よりもコンテナ積載量が2倍、那覇-石垣間の航行時間が最大2時間短縮で安定した物資の流通に期待。一方、物流の国際化や積載能力の向上で船が大型化。現在の石垣港は海外からのクルーズ船などで過密化し、新バースの整備で貨物船と旅客船の住み分けが急がれる。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム