八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国、キビに枯れあがり 7月の雨、平年の4分の1

散水作業を行う10トントラック=24日午後、祖納周辺のサトウキビ畑

散水作業を行う10トントラック=24日午後、祖納周辺のサトウキビ畑

収穫影響へ危機感広がる

 【与那国】与那国島では7月から少雨傾向が続いており、サトウキビでは、葉が丸まるロール現象に加え、枯れあがりも始まっている。今期の生産量は4174㌧を計画しているものの、町産業振興課では「立ち枯れや収穫への影響が懸念される」と危機感を募らせており、4台の散水車をフル稼働させ、ほ場へのかん水に取り組んでいる。生産農家は「このままでは収穫ができず、破産する」と悲鳴を上げている。

 石垣島地方気象台によると与那国の7月の降水量は36㍉で、平年の138.5㍉の約4分の1、8月は平年212.5㍉だが、24日までに19㍉しか降っていない。9月も晴れの日が多く、少雨傾向が続く見込みという。

 町産業振興課によると、現在、植えられているサトウキビの面積は100㌶。そのほとんどでロール現象が現れている。農家は新植夏植えも見合わせている。

 祖納に住む50代の農家の男性は「キビが立ち枯れ状態で、このままでは収穫できない。自分たちは破産するしかない」と訴える。

 町は19日、干ばつ対策協議会(会長・外間守吉町長)を開いて対策を協議。散水車を使ったほ場へのかん水を決め、ほ場10㌃あたり30㌧を目安に散水を実施。これに伴う費用は1㌧につき100円を農家から徴収。残りの約8割を町とJAおきなわ与那国支店で負担している。

 現在、10㌧タンクを積んだ業者のトラック4台が作業にあたっている。

  • タグ: 与那国島サトウキビ干ばつ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム