八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

館外活動の拡大検討 石垣市子どもセンター

年間2万人以上に利用されている子どもセンター=21日午後、石垣市健康福祉センター内

年間2万人以上に利用されている子どもセンター=21日午後、石垣市健康福祉センター内

ニーズの高まりで 年間2万人以上が利用

 石垣市健康福祉センター内にある子どもセンター(所長・運道徹児童家庭課長)は2010年2月のオープン以来、年間2万人以上に利用されている。13年度は2万5408人(12年度2万2184人)を数え、前年度から3000人余り増えた。ニーズは年々高まっているが、センターから離れている地域の子どもたちにとっては利用しにくいため、同課は館外活動「とびだせ児童館」の拡大を検討している。

 センターは児童福祉法に基づいて設置されたもの。月~土曜日の午前10時から午後6時まで、健全な遊び場の提供、情操指導、クラブ活動などを行っており、0~18歳の児童が利用できる。13年度は乳幼児4813人、幼稚園児3375人、小学生4982人、保護者1万2118人が来所した。

 とくに島外から移住してきた人たちの利用が多く、保護者の交流の場になっているようだ。5年前、夫の転勤で移住した古波鮫(こはざめ)若奈さん(36)=登野城=も7歳の長女、5歳の長男とともに訪れている。

 「石垣には親戚がいないので、ここを利用している。いろんな遊びが覚えられ、遊びの幅が広がる。指導員もいるので安心して遊ばせることができる」と話す。

 ただ、施設はもともと児童館を想定したものでなく手狭。しかも、一カ所しかないため、保護者のニーズに十分に応えることができていないという。運道課長は「地域の公民館などを活用し、とびだせ児童館を来年度から広げていきたい」と話している。

 子どもセンター副所長の山里世紀子さん(児童厚生員1級指導員)は「最低でも中学校区に1カ所ずつ、市街地では3カ所必要だが、すぐには無理なので、とびだせ児童館の充実を図りたい。そのためには人材の確保が必要だ」と訴えている。

 センターは4人態勢で対応。週2回、真喜良第2団地の集会施設で午後1時から同5時まで館外活動のとびだせ児童館も実施している。

  • タグ: 石垣市子どもセンター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム