八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小学算数Aで全国平均上回る 国語A・Bも県平均より上

2014年度全国学力・学習状況調査結果

2014年度全国学力・学習状況調査結果

中学全教科で全国、県平均に及ばず 全国学力・学習状況調査

 文部科学省が小学校6年生と中学校3年生を対象に4月22日に実施した2014年度全国学力・学習状況調査で、石垣市は小学校の算数Aで全国平均、国語A・Bで県平均を上回ったことが分かった。25日午後、市教育委員会で発表した玉津博克教育長は「小学生の成績が大きな伸びをみせており、冠鷲プロジェクトの成果が出ている。中学校へも波及させていきたい」と述べた。

 小学校6年生(474人)の算数Aの平均正答率は80.6%で全国平均を2.5ポイント上回ったが、県平均には0.3ポイント及ばなかった。国語Aは72.6%で県平均を0.6ポイント、同Bは55.2%で県平均を0.7ポイント上回った。

 中学校3年生(512人)は全教科で全国、県平均に及ばなかった。これに対して市教委学校指導課の宮良永秀課長は「きょうデータが示されたばかりでまだ分析できていないが、27日の臨時校長研修会までにはしっかりと分析し、発表したい」と話した。

 玉津博克教育長は「学校、地域、家庭で取り組んだ総合力が成果に表れたと思う。今後も一体となって取り組みを進めていきたい」と述べた。

  • タグ: 全国学力
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム