八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

喜舎場永珣の資料2927点 調査会で整理へ

八重山博物館に寄贈された喜舎場永珣氏の調査ノート。今後、整理や分析作業が行われる=22日午後(同館提供)

八重山博物館に寄贈された喜舎場永珣氏の調査ノート。今後、整理や分析作業が行われる=22日午後(同館提供)

市教委

 石垣市教育委員会(石垣朝子委員長、委員5人)は22日午後、第6回定例会を開き、喜舎場永珣資料調査会設置要綱の制定など2議案を審議し、原案通り承認した。

 喜舎場永珣氏(明治18年7月15日生)の資料は2012年に八重山博物館に寄贈されたもので、古文書や調査ノート、スクラップ、歴史資料など460件2927点に及ぶ。

 八重山諸島のみならず、琉球史研究に影響を与えるとみられる貴重な資料がそろっており、これらの整理と調査・分析を円滑に進めるため、調査会を設置することになった。

 調査員は学識経験者と市職員10人以内で組織し、調査や整理について指導や助言、調査補助を行うほか、会議で調査の方針などについて話し合っていく。

 同館の東迎正則館長は「早めに調査員の選定や日程調整を行い、整理作業に着手したい」と話している。

  • タグ: 石垣市教育委員会喜舎場永珣
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム