八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

高齢者が何人か集まる酒座は、決まって病気…

 高齢者が何人か集まる酒座は、決まって病気と健康の話になる。途中でそういう暗い話はやめようということになるが、いつの間にかまたその話に戻り、苦笑するお仲間は少なくないはずだ▼そこでまた健康の話だが、昨年12月世界文化遺産に登録された「和食」の代表格の「みそ汁」は、どうやら血圧とは無関係なことが昨年10月、学会の発表でわかった▼みそに含有される塩分の高血圧への影響の不安から、「みそ汁」離れが進んでいたため、共立女子大の上原誉士夫教授らが研究の結果、血圧に影響ないことがわかった▼むしろ「1日1杯のみそ汁」の食生活が、動脈硬化を引き起こす血管年齢を10歳程度改善させるというから、高血圧の人たちには今年初めの「ヤギ肉」に続く朗報だ▼高齢者は健康だけでなく、他にも憂いは多い。タカ派首相の暴走で戦場に駆り出される子や孫たちの未来、安い賃金で貧困にあえぐ若者や母子家庭などの未来もそうだが、中でも今、最も懸念しているのが国の理不尽な沖縄差別だ▼しかも仲井真知事や県選出の自民党国会議員、経済団体らが国という長い物に巻かれた結果、辺野古の海にくいが打たれジュゴンが危機にある。結局沖縄の長い物に巻かれる繰り返しが国をつけ上がらせている。オール沖縄での歯止めが必要だ。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム