八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「この1勝は宝もの」 祖父・武弘さん目に涙

大嶺祐太投手の初勝利が決まり、テレビの前で万歳を繰り返す人たち=20日夜、石垣市八島町の大嶺武弘さん宅

大嶺祐太投手の初勝利が決まり、テレビの前で万歳を繰り返す人たち=20日夜、石垣市八島町の大嶺武弘さん宅

祐太に待望の白星

 千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手が20日、QVCマリンフィールドで行われたオリックス・バファローズ戦で今季6度目の先発マウンドに上がり、初勝利を手にした。祖父、武弘さん(75)は石垣市八島町の自宅で知人とともにテレビ中継で祐太投手の投球を見守り、「この1勝は宝物」と目に涙を浮かべた。

 祐太投手は五回を投げ終え、勝ち投手の権利を保持したままマウンドを唐川侑己投手に譲り、チームも得点を重ねながら終盤へ。テレビの前では、相手のアウトカウントが増えるたびに「よーし」と声が上がり、乾杯が繰り返された。

 九回には翔太選手が二塁の守備に入り、「よっしゃー」と歓声。

 最終回の三つ目のアウトがコールされると全員が立ち上がり、手をつないで「ばんざーい」と喜びを表現した。

 この日は武弘さんの母の命日。武弘さんは「今日は祐太が投げる。見守ってください」と仏壇に手を合わせたという。

 武弘さんは「最初から今までの投げ方と違い、いい感じに見えた。(翔太選手も同じ試合でグラウンドに立ち)最高の一日だった」としみじみと語った。

  • タグ: 千葉ロッテマリーンズ大嶺祐太
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム